岩盤浴について

岩盤浴 沙羅 | 岩盤浴について
岩盤浴

岩盤浴の発祥は秋田県玉川温泉で、温まった岩盤の上に横になり温熱効果によってサウナのような発汗作用を促す入浴法です。天然の岩盤から放射される遠赤外線エネルギーが新陳代謝を活性化し、自然治癒力を高めます。
体に優しく低温(40~42℃)ながらも多量の発汗作用を可能にするため、体内の余分な老廃物を排出します。
ただ横になっているだけで芯から体が温まり、心身共に癒されるので爽快感が味わえます。
さらりとした汗をかくので入浴後のシャワーが不要です。

 

岩盤浴の効能

美容効果はもちろん、アトピー性皮膚炎・生活習慣病・冷え性・腰痛・関節炎・疲労回復に効果があり、しかも副作用がありません。

  • 食欲不振
  • 便秘、美肌
  • ダイエット、美容効果
  • ストレス解消、疲労回復
  • 肩こり、腰痛、筋肉痛の改善
  • アトピー、アレルギーの緩和
  • 冷え性、痔、不眠
  • 生活習慣病の緩和
  • 夏バテ、クーラー病
 

祖母聖光石

岩盤浴は、祖母聖光石(holystone)を使用しています。宮崎県と大分県の境目あたりに分布する、遠赤外線を放射する天然鉱石です。新生代の上部中新生または中生代の上部白亜紀の地層(地質学上の分類)から少量算出されます。


岩盤浴の入り方

更衣室で浴衣に着替えます。

①更衣室で浴衣(レンタル)に着替えます。

服はすべて脱ぎ、浴衣に着替えます。(浴室に入る前に適当に水を飲みます。水分補給をすることで細胞の奥まで酸素を送る働きと毛細血管やリンパ管の流れを改善し血行がよくなります。)

 
うつぶせになり5分入浴します。

②うつぶせになり5分入浴します。

岩盤石の上にバスタオルを敷き、枕にもフェイスタオルを巻いてその上で腹ばいで寝てください。敷物の使用で心地よい温度が身体全体に伝わります。 うつ伏せ(下向き)で約5分間入浴します。

 
うつぶせになり5分入浴します。

③仰向けになり10分入浴します。

石の上にバスタオルなどを敷き、仰向けで10分入浴します。心地よい温度が身体全体に伝わります。長い入浴は体調を悪くするおそれがあります。ご自分にあったペースで入浴してください。

 
うつぶせになり5分入浴します。

④休憩室に移動して5分程度身体をさまします。

多量の汗がでますので、水分を十分にとりながら休憩してください。細胞の奥まで酸素を行き渡らせ、毛細血管やリンパ管の流れを改善し、血行を良くしてくれます。休憩のときはタオルは敷いたまま出てください。
②~④を2~3回繰り返してください。

 

ご注意

  • ご自分の体調により入浴時間は調整してください。
  • 体調不良、飲酒後、空・満腹時、激しい運動のあとは避けてください。
  • 生理中の方は体調によりご遠慮ください。
  • 妊娠中の方は、医師にご相談の上ご利用ください。
  • 医師から入浴を禁じられている方などは、医師にご相談の上ご利用ください。
  • 手術・骨折をされた方等で金具を挿入されている方はご遠慮ください。
Copyright(C) SALA All Rights Reserved.